スキンフェアリーの主成分

 

スキンフェアリーはエイジングケアクリームですので、スキンフェアリーの製造元が様々な美容効果が期待できる成分を配合しスキンフェアリーは完成します。そんなスキンフェアリーの主成分、つまりスキンフェアリーの美容効果の根源になるスキンフェアリーの代表的な成分をご紹介します。スキンフェアリーの代表的な主成分、それはまぎれもなく、「リンゴ幹細胞エキス」です。

 

スキンフェアリーの美容効果の根源はこのリンゴ幹細胞エキスが出しているのです。リンゴ幹細胞エキスのリンゴは、あのフルーツのリンゴ(アップル)です。普段から家庭の食卓に並ぶあの食べ物のリンゴ(林檎)から幹細胞エキス成分を抽出し、スキンフェアリーに配合しています。このスキンフェアリーのリンゴ幹細胞エキスのリンゴの品種の名前は、ウトビラー・スパトラウバーです。

 

何やら怪しげな名前のリンゴの品種の名前ですが、このウトビラー・スパトラウバーのおかげでスキンフェアリーの高い美容効果が得られます。では、スキンフェアリーの主成分でもあるリンゴ幹細胞エキスの元、ウトビラー・スパトラウバーについてご説明します。

 

 

スキンフェアリーの主成分ウトビラー・スパトラウバーって?

 

スキンフェアリーの主成分ウトビラー・スパトラウバーは、非常に希少なリンゴの品種です。ウトビラー・スパトラウバーは、かなり珍しいリンゴの品種で、日本には生息していません。日本だけでなくアジアやアフリカ、南アメリカのどこにもウトビラー・スパトラウバーは生息していないのです。ウトビラー・スパトラウバーが生息しているのはヨーロッパはスイスのみ。

 

スイスにだけ生息している希少なリンゴの品種です。しかもスイスにしか生息していないだけでなく、スイスにも、「20本しか生息してない」かなり希少なリンゴの品種です。それもそのはず、ウトビラー・スパトラウバーはそもそも自然界にあったリンゴの品種ではありません。スイスのある企業が、長期保存用に開発した品種改良されたリンゴの品種です。

 

ですから、日本だけでなく世界中でもウトビラー・スパトラウバーが手に入るのはスイスだけ。しかもスイスでも残り20本しか生息していないのです。ウトビラー・スパトラウバーは長期保存用に開発されましたので、非常に生命力が強いのが特徴です。ウトビラー・スパトラウバーを木から収穫してそのまま4ヶ月もの間放置しても腐る事はありません。

 

この生命力が強い、長期保存用に開発されたリンゴ、ウトビラー・スパトラウバーから得られる植物幹細胞を人口培養で増やして、得られた細胞から抽出した成分を配合しているのが大人気エイジングケアクリームのスキンフェアリーです。ウトビラー・スパトラウバーの強い生命力がお肌に栄養を与えて、肌本来の力を助けるエイジングケアが期待できます。

 

スキンフェアリーの主成分、それはスイスにしか生息していない希少なリンゴの品種ウトビラー・スパトラウバーの成分から得られる非常に希少で、お肌に高い美容効果をもたらす大事な大事な成分でした。スキンフェアリーの主成分は他の幹細胞美容液には真似できない、希少で効果的な主成分でした。スキンフェアリー、期待していいでしょう。