close

美容整形ってなに?

自分の顔やスタイルに満足しているという方は意外と少ないのではないでしょうか。もうちょっと目が大きかったらいいのに。足が細ければいいのに。胸が大きければいいのに。二重だったらいいのに。ほくろが無かったらいいのに。そんな風にほとんどの人が自分に不満を持っていると思います。美しくなりたいと願うのは当然の心理であり、多かれ少なかれ誰もが一度は「美容整形」について考えたことがあるのではないでしょうか。最近ではメスを入れずに出来る手術や、瞼を二重にする、レーザーでシミを除去するなどの「プチ整形」と言われるものも流行っているようです。綺麗になりたいという気持ちを叶えてくれる美容整形ですが、生まれ持った体を改造するというのはやはり少し抵抗があります。日本では特に整形を嫌う風潮がありますよね。美容整形に危険性はないのか、海外での整形事情はどうなっているのかを調べました。

美容整形とは

美容外科

美容整形とは、人体の機能上の欠損や変形の矯正ではなく、美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す医学の一つです。近年医療の現場でもQOL(クオリティ・オブ・ライフ、つまり人生の内容の質や社会的にみた生活の質)を重視する流れがあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大も相まって注目を集めている医療分野なのです。外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なります。また、整形外科と混同されがちですが、それと美容整形とは全く分野の異なるものです。日本の歴史的背景では美容整形は形成外科にも含まれないものだったのですが、現在は形成外科の一分野であるという認識もあり、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多いです。しかし、歴史的に美容外科が大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面がありました。その経緯と、既に標榜科となっている整形外科や形成外科の定義付けに、美容整形的なものが含まれていなかったこともあり、美容外科は1978年に独立した標榜科目に認可されました。また近年、形成外科に美容外科を併設する風潮があるのは、多くの形成外科が病院経営から見て年間ベースで赤字だったり低利益だったりしているので、収益アップの目的があったためというのも大きな理由です。

美容外科と整形外科は全く別物

美容外科は呼称として整容外科、形成美容外科、美容整形外科とも言われます。またこの分野の施術は、一般には整形手術、美容形成手術、美容整形手術などと言われることが多いですが、これは法律的な根拠のない俗称であり、正しくは「美容外科手術」と呼ばれるべきものです。なお「整形」という言葉から誤解を受けがちですが、整形外科は美容外科とは全く違う診療科です。これは形成外科が日本においては整形外科の診療班として最初に設立され、その後も多くの形成外科は整形外科から発祥した経緯が関係していると考えられています。美容外科手術を受けた患者が術後の駆け込み寺として形成外科の窓口を相談の場として訪れるケースも多いです。上述した如く形成外科とは身体外表の機能上の変形を取り扱う診療科目です。美容外科においても診療の大前提として術前のインフォームド・コンセントはなされていて然るべきですが、そうでないケースも多く問題となっています。しかし施術者が一番状態を把握しているのですから、まずは主治医と相談する、もしくは別の病院に行くとしても美容外科医に相談するのが妥当です。

日本の美容整形

日本では美容整形(美容外科手術)を行ったことについて「恥ずかしい」という感覚を持つ人が多いです。そのため他人が美容外科手術を受けた事実を公表する場合には、手術を受けた者の名誉やプライバシーを侵害しないように配慮する必要があります。一方で脱毛や縮毛矯正など、既に市民権を得ている美容外科施術もあります。美容外科は歴史的に保険医療の枠から外れた分野とされてきたため、また健常人に美容目的で手術を行うことへの倫理的反感から、大学病院や基幹病院での診療は行われてきませんでした。そのため、に美容外科は長らく街の開業医によって行われてきました。保険外診療においては、美容外科の標榜科化が比較的新しい点、医療制度が専門医でなくても看板を掲げて治療が行える点もあり、様々な医師によって美容的手術が施されてきた経緯があります。それは多くの問題を生み出してきたものの、反面、一定の実績とノウハウの蓄積もなされてきました。近年は大学病院や基幹病院(主に形成外科)でも美容外科に取り組みつつあります。

2つの「日本美容外科学会」

現在日本には、その歴史的成り立ちや物の考え方の違いなどから「日本美容外科学会」という同名の団体が2つ存在しています。一つは開業医が中心となって育んできた美容外科技術を提供することを目的とする日本美容外科学会(JSAS)で、こちらは1966年に日本美容整形学会として設立し、1978年に改称しました。もう一つは日本形成外科学会会員を主体とした、形成外科を派生由来とする日本美容外科学会(JSAPS)で、こちらは1977年に日本整容形成外科研究会として設立し、1978年に改称しました。美容外科の看板を掲げている医師はほぼこれらのどちらかの学会に所属しているのが現状です。両者の主義主張は異なり、それぞれ独自の認定医療施設制度(認可未認可含む)を設けるなど独立した路線を維持しているために、美容外科施術を考えている人にとっては混乱のもととなっています。しかし2つの学会の会員には所属学会が違っても個人的な交流があることがあり、2つの学会とも所属・参加している医師も少なくありません。

日本の美容整形利用者数

日本で美容外科を利用する人は年々増加傾向にあります。そのため医師や診療所数も増加していて、2007年にはその市場は2200億円規模に達しました。その後は病院・診療所間の競争化に伴い施術費用の低価格化が進み、伸び率は4~5%程度に落ち着いています。さらに、2008年からは不景気の影響で利用者が減り、市場規模は10%近くまで落ち込みました。美容外科の需要増加、自由診療による利益率の高さもあり、大学病院などの総合病院でも美容外科を標榜するところが急増してきています。現在日本には、美容外科専門の診療所は1000件以上存在すると推定されています。

世界の美容整形

2009年の国際美容外科学会資料によると、世界各国で美容整形手術件数の多い国は、1位がアメリカ(18.5%)、2位が中国(13.8%)、3位はブラジル(12.4%)、4位はインド(6.5%)、5位はメキシコ(4.9%)、6位は日本(4.7%)、7位は韓国(4.1%)、8位はドイツ(2.8%)、9位はトルコ(2.3%)、10位はスペイン(1.8%)となっています。

美容整形大国・韓国

勧告では美容整形が盛んでソウル江南区の新沙洞・狎鴎亭洞・清潭洞の一帯だけで100軒を超える美容形成医院が立ち並び、「美容整形大国」などと呼ばれています。ライセンシング・マガジン「ELLE Koria」(ELLEの韓国版)が20代~30代の女性9324人を対象に行った調査によると、76%が整形手術を受けた、と答えています。韓国でも以前は美容外科を利用した事実を隠す傾向がありましたが、主に芸能界において施術を告白することが「潔い」とされるようになるに従い、一般人においても美容手術を忌避する傾向が弱まってきました。「韓国のアイドル、9割はデビュー前に大工事」と言われ、「削って入れて抜いて・・・わたしの体は工事中」「手直しすれば売れる」「レッスン生3年目なら最低10回整形・ボトックス」と韓国の芸能志望の若者の実態を大手新聞社が伝えるほどにまでなっています。

美容整形は是か非か。

日本ではあまり美容整形に対してよいイメージがありません。芸能人が痩せたり化粧を変えたりするとすぐに「整形か?」と騒がれます。近年では女性だけでなく男性も外見の重要度が増していて、洋服に気を使ったり、髪型に気を使ったりするだけでなく、化粧をしたり、ネイルサロンに通ったりする人も増えています。就職活動やビジネス、または婚活などでも見た目の美しさや好感度を大きなアドバンテージと考える人は少なくありません。自分磨きをすることはとてもいいことですが、それが美容整形の段にまで登ると意見は分かれるところだと思います。私の個人的な意見としては、お金に余裕があってリスクも理解したうえでなら美容整形することも悪くはないと思います。ただ、自分がやりたいかと聞かれると答えはNoです。理由はやはり、リスクの高さに対して得られるメリットが少ないことにあります。あくまで私個人の考えですが、顔を変えたところで中身は同じなのですから、人生はそれほど良くならないと思うのです。美男美女は役得だと思うことは多々あります。しかし、今の容姿のままでも別段困ったことはないし、これから急に美人になったところで生活に劇的な変化が生まれるとは考え辛いのです。ただ、自分に自信がないとかコンプレックスがあるという人が、それを解消することで得られるものは大きいのではないかと思います。整形をして自分に自信が持てた、明るくポジティブになれたという話も聞きます。化粧やダイエットではどうにもならないことで悩んでいるのなら、美容整形を一つの選択肢に入れるのもいいのではないでしょうか。各いう私も外見に対し色々なコンプレックスがあります。歯並びが悪いとか腕に大きな傷跡があるとか、片目だけ一重であるとか、あげればキリがないです。お金と時間があれば歯並び位は治したいところですが、中々一歩を踏みこめません。整形というと豊胸手術とか鼻筋を高くするとか、頬のリフトアップであるとか、そういう大規模な“工事”を思い浮かべますが、シミとりのレーザー治療も、永久脱毛も美容整形の一つです。そういった小さな美容整形はあまり批判されず、大きな手術を伴う整形は批判の対象になる傾向があるように思います。その線引きは個人差があり、どこまでがいい整形でどこからが悪い整形なのかは曖昧です。いずれにせよ、一度しかない人生を後悔せずに送りたいという気持ちはみんな一緒だと思うので、美容整形をする際にはそのリスクと、批判される可能性があることをよく考え、行動に移して欲しいと思います。

美しくなりた~~~~い!!
    photo